栄養生化学雑談


  • 不足の栄養学から過剰の栄養学への発想の転換


    低インスリン・ダイエット?

     インスリンは血糖濃度が増加したときに分泌されて、末梢組織に働きグルコースの取り込みを促進します。取り込まれたグルコースは、エネルギーとして利用されるだけでなく、余剰のエネルギーは脂肪として蓄えられます。ということは、インスリンがなければ太らないじゃないかと考えられます。だから、食後の血糖濃度上昇をさせないで、さらにインスリンを節約させる糖質をとるよいと考えられます。これを食品に応用したものにGI値というものがあります。もともと糖尿病患者のために血糖濃度の上昇を抑えるために考えられました。一般的に多糖類の方が、単糖類や二糖類に比べて血糖濃度上昇が緩やかでインスリンの上昇も少なくてすみます。しかし、これを糖類以外に広げた場合どうなるでしょうか。脂ののったお肉は糖類をほとんど含ないため、インスリンの上昇をもたらしませんので、気にせずたくさん食べてよいことになってしまいます。糖類をとらなければインスリンが出ないからやせるわけです。何かおかしいですよね。太ってしまいそうです。極端になると体に悪そうです。低インスリンダイエットなどといわなくても、結局同じ糖類なら消化・吸収がゆっくりの多糖類を食べましょうといっているだけのことです。昔から言われてきたことです。あくまでも糖質についての話です。糖質は脳の重要なエネルギー源ですし、インスリンは筋肉タンパク質の合成も促進させて細胞分裂も促進させます。つまりインスリンは体を作るのに必須な同化作用の強いホルモンです。

    ダイエットはなぜいつもはやっているのか

     世間にはダイエットブームがいつも、流行しています。なぜいつも流行しているの でしょうか。それは、楽で簡単なダイエット法があり得ないためです。簡単にダイエ ットすることはできないのです。科学的事実のある側面を強調して、簡単にダイエッ トができるように思わされているのです。一過性に体重を減らすことができても、健 康的にそして持続的に体重を抑えることに王道はありません。極端に食事摂取を減ら すと、血糖維持のため筋肉タンパク質が糖新生の原料に使われて体重が減少します。 つまり、見た目の体重が減っても、脂肪が減ったのではなく、実は基礎代謝に必要な タンパク質が減ったのです。そして、体重が減ればそれに合わせて体が適応しますの で、持続するのが困難になります。また、体重減少は、生命の危険信号として認識さ れるので、食欲が増すようになります。科学的に考えてみましょう。単純に考えて、 体重は、エネルギーの流入(摂取)とエネルギーの流出(消費)のバランスだけに依 存しています。たくさん食べてやせようと思えば、エネルギー消費を増やすしかあり ません。エネルギー消費は、基礎代謝量、運動、特異動的作用の3つの経路がほとん どです。自在に変えられる大きなものは運動です。そして少しエネルギー摂取を押さ えれば(1日あたり100キロカロリー)ダイエットは可能です。ただこれを持続す るのが難しいのですが。確かに食欲を抑えるような薬剤も開発されつつあります。し かし食欲を抑えるということは、薬によって自分の行動が変わってしまうことを意味 します。行動を変える薬は、一筋縄では成功していないのが現状です。簡単なダイエ ットはないのです。したがって、簡単なダイエット法を望む人がいるからいつも新し いダイエットブームが作られているのです。

    食後になぜ眠くなるのか

     食べた後眠くなるのはどうしてでしょうか。2つ脳内物質が関与しています。食後に血糖濃度が上がったために、インスリンが分泌されます。インスリンは筋肉などでタンパク質合成を促進するため、分枝鎖アミノ酸や芳香族アミノ酸を血液から取り込みます。セロトニンの原料であるトリプトファンは比較的一定ですが、脳に入るところでは、トリプトファンと分枝鎖アミノ酸、芳香族アミノ酸との比によってトリプトファンの流入が決まるため、結果的にその比が上昇して脳中トリプトファン濃度が上がります。増加したトリプトファンによってセロトニンが増えて、心が安定して眠くなります。睡眠障害にナルコレプシーという病気があります。どんなに眠った後でも日中に強度の眠気が襲う病気です。この原因物質が、オレキシンという脳内ペプチドです。オレキシンは、食欲と睡眠をともに制御するペプチドで、オレキシンを投与すると食欲が増して睡眠を減らします。食べないと生きていられないので、食べるまでは寝ることもできないわけです。食後に血糖濃度が上昇すると、オレキシンの分泌が減少するので眠くなります。でも眠くなるのは、朝食や夕食後ではなく、ほとんど昼食後の3時限目の授業ではないでしょうか。プログラムされた活動期の摂食リズムの双峰性が強く影響しているからかもしれません。

    再生医療

     再生医療は未来の医療として期待されています。細胞の再生能力を利用して、悪くなった組織や臓器を治してしまおうというものです。細胞治療として、血液細胞の幹細胞が含まれる骨髄移植がされていますが、これも再生医療の一つです。骨髄には、間葉系幹細胞(骨、軟骨、筋肉、脂肪組織の前駆細胞)もいることがわかっています。さらに、各組織にはその組織の幹細胞がいることがわかってきました。皮膚の上皮細胞や小腸上皮細胞の幹細胞がその典型的な例です。脳にも神経細胞の幹細胞がいることがわかってきました。これらの幹細胞は、体細胞幹細胞と呼ばれ、未分化ではありますが、方向性は決定されています。一方、受精卵由来の胚性幹細胞(ES細胞)は、どんな細胞にも分化することができる幹細胞であり、大きな期待が持たれています。しかし、ES細胞の場合しっかりとした方向性を決めないといろいろな細胞を形成する一種のがんを作ってしまいます。ドリーで有名になったクローン技術があります。ヒトクローンは禁止されていますが、ES細胞とクローン技術と組み合わせると、自分のES細胞を作ることができることになり、免疫的に排除されることのない自分の組織を作ることが可能となります。自分の体のパーツを取り替えるような夢のような話ですが、技術的問題だけでなく倫理的な問題もあり目が離せません。

    健康食品、機能性食品

     私たちの食生活を振り返ると、非常に多彩なものを食べています。その中には、栄養素と呼ばれる以外の物質が実に多く含まれています。それらの物質に、優れた生理機能が知られるようになり、多くの「健康食品、機能性食品」が売られようになっています。現在、健康補助食品、特定保健用食品、栄養機能食品、特定用途食品などの基準が設けられています。でも少し注意してください。これらの「健康食品、機能性食品」だけで健康な生活ができる(生きていける)わけではなく、栄養素をちゃんととる必要があります。また、その機能性がどのような科学的根拠に基づいているか、良く理解した上で選ぶ必要があります。ふつうの食生活をしていれば、あえて食べなければならないようなものは少ないと考えられます。

  • サプリメント


    戻る
    Updated 4/28/05