初代培養肝細胞 Cell DNA量の定量

LabarcaとPaigenらの方法にしたがって測定した。Anal. Biochem. 102: 344-352, 1980.

試薬

方法

 初代培養肝細胞のホモジネート100μL PSB溶液 2885μlを加え、次いでHoechst H33258溶液15μLを加えよく混合した。室温に30分間放置した後、励起波長356nm,蛍光波長458nmにおける蛍光光度を測定した。標準はDNA標準液5μLにPSB溶液2975を加え、後はサンプルと同様の操作を行い蛍光光度を求める。得られた蛍光光度より、サンプルのDNA量を求める。

肝細胞の尿素合成能の測定

中村敏一著「初代培養肝細胞実験法」学会出版センター

試薬

測定方法

 60mmディッシュに培養した肝細胞の培地を捨て、PBSで洗浄後、5mM NH4Clを含むハンクス液(日水製薬;フェノールレッド不含)を加え、37℃で2時間インキュベートした。そのインキュベーション液をサンプルとした。
 標準尿素溶液あるいはインキュベーション液0.5mLを試験管にとり、1mLの発色試薬と1.5mLの酸混液を加え、沸騰水中で10分間の熱処理をした。冷却後、520nmの吸光度を測定した。 
戻る
hirooda@agr.nagoya-u.ac.jp
10522 Updated 10/29/03